2024年のベスト5のドローン

この記事を読む前に購入しないでください...26機種の中から最も優れた5機のドローンを発見しました。
Oliver Robinson

Oliver Robinson

OliverはTechRadarのカメラ担当編集者で、15年以上の写真・ビデオ業界での経験を持ち、そのほとんどはテックジャーナリズムの世界で過ごしています。Oliverはカメラに関連するすべてのことについて、深い技術知識と実践的な経験を積んできました。

mountain-wing-sky-camera-airplane-aircraft

ドローンの発展は、その広範な応用と潜在的な可能性により、世界中で注目を集めています。連続的な技術革新により、ドローン産業はより高度で安全で効率的な方向に進んでいます。ここでの焦点は、レーシング、産業、または農業用のドローンではなく、完全に撮影とビデオに特化しています。同時に、コストパフォーマンスの良いドローンにも注意を払っています。私たちがテストするドローンはすべて完成品のモデルであり、すぐに使用できます。

高品質のドローンを購入することを他の人に勧めるとき、よく次のように尋ねられます。

「でも本当にそれだけの価値があるの?」

もしドローンの購入目的が空撮、旅行写真、写真コンペなどであるならば、高品質な空撮ドローンを購入することをお勧めします。低価格のドローンでは写真の楽しさを体験できず、さまざまなトラブル(ハードウェアの破損しやすさ、カメラの質の悪さなど)を招き、機材のメンテナンスにかかるコストもかさみます。

私たちがテストしたトップのドローン選びを続けて読み、あなたのニーズと予算に合ったモデルを選ぶために必要なすべての情報を手に入れましょう。

私たちは8つの基準に基づいてドローンを評価します

撮影の品質

バッテリーの持続時間

汎用性

外観デザイン

飛行距離と高度

価格

安全性と安定性

GPSによる正確な位置情報

高品質な空撮ドローンを購入する4つの理由

野山でハイキングやクライミングをしているとき、10分しか飛ばないドローンは誰も望んでいません。そのようなドローンは本来の性能を発揮できず、また、電力の問題や制御の喪失にも陥りやすいです。

一般的に、中~高級のドローンは4Kカメラを搭載していますが、さらに優れたドローンは5.4Kカメラを搭載しています。写真の解像度はその鮮明さを決定し、画像の品質にも影響します。低解像度のカメラでは空中でぼやけた画像しか撮影できません。

ドローンを使ったことがなくても、そのクールさは認めざるを得ません。ドローンはソーシャルメディアや個人ブログで他の人と経験や成果を共有するために利用できます。ドローンを購入することで、人々は社会的なつながりを広げ、共通の趣味を持つ友人やパートナーを見つけるかもしれません。

良好な飛行距離と高度は、写真家の視野を決定します。まるで空を飛ぶワシのように、地上を見下ろすことができます。飛行距離と高度が良好であれば、より印象的な作品を撮影することができます。

多くのドローンをテストした経験がありますが、大手ブランドのほとんどのモデルは実際にはブランド自体のために価格が30%〜50%上昇していることがわかりました。

過去6ヵ月間で、ほぼすべての面で優れているだけでなく、遥かに安い新しいドローンブランドを発見しました。

今や高品質の空撮用ドローンに投資する必要があるかどうかに関係なく、新しいドローンに投資する際には一般的に注意すべき点や避けるべきことがいくつかあります。

求めるべきポイント

空撮用ドローンを選ぶ際の主要な考慮事項は安全性と安定性です。空中カメラの性能がどれほど優れていても、デザインがクールであっても、空中機能が豊富であっても、飛行が安全で安定していなければ、すべて意味をなしません。空中安定性は空撮用ドローンの品質を判断する重要な要素でもあります。

空撮用ドローンを選ぶ際、高解像度で繊細な映像や動画を撮影したいと自然に望みます。空撮用ドローンでは、カメラの解像度は少なくとも4K以上、場合によっては8Kでなければ、長距離での高品質な映像を確保することができません。

画像伝送の役割は、ドローンのカメラからコントローラーのスマートフォンやリモコン画面にリアルタイム映像を送信することです。画像伝送の有効距離と信号の安定性は、ドローンの運用範囲を決定する要因の一つであり、私たちの空撮体験に重要な影響を与えます。

バッテリー寿命も重要な考慮すべき要因です。誰もが数分間飛行した後にバッテリー交換の心配をしたくはありません。ただし、バッテリー技術のボトルネックのため、ドローンのバッテリー寿命は通常あまり長くありません。高級ドローンの飛行時間は一般的に約30分程度です。

避けるべき点

空撮用ドローンの特定の性能向上には、高い価格差が必要です。たとえば、飛行距離を数百メートル伸ばしたり、より長いバッテリー寿命を実現するには、100ドルから200ドルの追加料金が必要となる場合があります。自分のニーズに合わせてコストパフォーマンスが最も優れたドローンを選びましょう。

ドローンの最大垂直高度は空中写真の効果を決定します。飛行高度が高ければ高いほど、鷲のように美しい景色を見渡すことができます。

優れたドローンには、まず安全を確保し、他人に害を与えないようにするために、インテリジェントな障害物回避機能が必要です。その上、ドローンの寿命を延ばすためにも必要です。

現代の高級ドローンには、安全性を確保するためにGPS機能が搭載される必要があります。GPSは正確な位置情報とインテリジェントな帰還機能を提供します。GPSにより、リモートで飛行を制御することが可能になります。

2024年のベスト5つのドローン

過去6ヶ月間に26種類の異なるドローンをテストしました。これら5つのモデルは、専門家の意見と消費者のレビューに基づいて、最も優れています。

818 投票数 9.5/10

26,999 円

A+

総合評価

TOTAL GRADE

撮影品質

0%

9.7/10

バッテリー寿命

0%

9.4/10

飛行距離と高度

0%

9.0/10

外観デザイン

0%

9.6/10

価格

0%

9.8/10

利点

欠点

レビュー

Eonvy Air+はコスト効果の高い高品質なドローンです。その優れたコストパフォーマンス比率、包括的な機能、そして優れた撮影能力のために最も人気があります。このような高品質なドローンをこれほど低価格で購入できることに驚きました。まさにこのチームの目的の通り、最高の価格で最高のドローンを構築することです。

Eonvy Air+は優れたバッテリー寿命を持っています。249g未満の軽量なので、ユーザーはドローンを使用するために本人確認をしなくてもよいです。GPS位置情報はドローンの飛行を安全にし、ワンクリック帰還、インテリジェントな障害物回避、軌跡飛行、低バッテリー帰還などの機能をサポートしています。また、低騒音や高バーストといった利点もあります。その上、8K HD カメラも搭載されていることは刺激的です。

Eonvyは最先端技術と最も実用的な機能を詰め込んだ製品を作り出しました。このニュージーランドのブランドに感謝しています。

302 投票数 9.0/10

176,757 円

A-

総合評価

TOTAL GRADE

撮影品質

0%

9.2/10

バッテリー寿命

0%

9.0/10

飛行距離と高度

0%

9.5/10

外観デザイン

0%

9.1/10

価格

0%

8.4/10

利点

欠点

レビュー

Mini 4 Proは市場でパワフルな超軽量ドローンであり、またMini 4 Proの人気製品でもあります。標準バッテリーを使用すると、重量はわずか249gであり、FAAに登録する必要はありません。

インテリジェントな障害物回避機能、自動飛行モード、4K60 HDRビデオを備えたQuad Bayerカメラを搭載し、機能セットがより充実しています。スタイリッシュな外観を持っていますが、価格も高いです。

249g以下の最高のドローンの1つであるかもしれませんが、まだいくつかの欠点があります。一部のユーザーはバッテリーの寿命が短く、品質が悪いと報告しています。同時に、4Kカメラは高品質の写真撮影の要求を満たさない可能性があります。低照明環境では画質が理想的でないため、良好な照明条件で使用する必要があります。

456 投票数 8.7/10

164,280 円

B+

総合評価

TOTAL GRADE

撮影品質

0%

9.5/10

バッテリー寿命

0%

8.5/10

飛行距離と高度

0%

8.3/10

外観デザイン

0%

8.9/10

価格

0%

8.5/10

利点

欠点

レビュー

Air 2Sカメラは大きなタイプ1(または1インチとも呼ばれる)センサーが搭載されており、Miniシリーズのドローンよりも20MPの静止画をキャプチャすることができます。HDR、フラット、または標準プロファイルで5.4K30および4K60ビデオをサポートしています。

GPS位置情報、障害物センサー、ADS-B(近くの有人航空機を警告する)など、強力な安全機能も搭載されています。そして30分のバッテリー寿命があります。

しかし、一部の顧客が不満を持つバッテリーの寿命の悪さなど、まだ報告されている欠点があり、ユーザーはより長いバッテリー寿命を求めています。また、Air 2Sのカメラセンサーは比較的小さく、低照明条件での性能に影響を与える可能性があり、飛行範囲は信号強度と地形に制限されるため、特定の環境での使用が制限される可能性があります。初心者にとっても難しいですし、高価です。

512 投票数 8.4/10

188,610 円

B-

総合評価

TOTAL GRADE

撮影品質

0%

9.5/10

バッテリー寿命

0%

9.2/10

飛行距離と高度

0%

8.0/10

外観デザイン

0%

7.8/10

価格

0%

7.89/10

利点

欠点

レビュー

Autel Evo Lite+はType 1のセンサーカメラを搭載しています。このカメラは、Air 2Sと匹敵する画質を誇っています。この折りたたみ可能なドローンは1回の充電で約40分飛行することができ、空中での事故を防ぐための3方向障害物センサーを備えています。

Autel Evo Lite+の飛行時間は、すでに他の一部のドローン製品よりも長いですが、それにもかかわらず、一部の高級製品と比較すると比較的短いです。

Autel Evo Lite+はパワフルなドローンですが、高価なため、ほとんどの人は代わりにDJIのドローンを選ぶでしょう。それは6Kの高精細カメラをサポートしていますが、フライトとコントロール距離は比較的短く、またカメラの安定性はまだ改善を必要としています。

521 投票数 8.0/10

132,255 円

B-

総合評価

TOTAL GRADE

撮影品質

0%

8.5/10

バッテリー寿命

0%

8.0/10

飛行距離と高度

0%

7.9/10

外観デザイン

0%

8.0/10

価格

0%

7.8/10

利点

欠点

レビュー

Autel Evo Nano+は非常に小型で、ポケットやバックパックに簡単に収納できるため、屋外旅行や探検に最適です。大きなセンサーと明るいレンズを備えており、弊社のテストではMini 2よりも優れたカメラ性能を発揮し、4K30pのビデオ撮影をサポートしています。

基本的な障害物回避と自動帰還機能がありますが、強い日光下では時々誤った近接警告を発することがあり、本体がLite+よりも頑丈ではないと感じられることがあります。

初回のドローンレビューから、Autelの飛行アプリケーションは大幅に改善されました。しかし、依然としてカメラの不安定さや撮影品質の低さに関する問題があります。249g未満の重量であるにもかかわらず、強風下でのパフォーマンスは良くありませんでした。飛行中の騒音は、上記の4つのドローンよりも大きいという結果がテストから明らかになりました。

全体として、Autel Evo Nano+はDJIドローンの代替となる製品です。